集客モデルの秘密

集客モデルの秘密

開業社労士|集客モデル完全パッケージ
毎年増える社労士開業者 ―― 競合が増えて決して景気が良いとはいえない社労士業界ですが、実はここに“お客様が多すぎてフォローが追いつかない”くらい大量に新規開拓できる「集客モデル」があります。実際に1年で545件の関与先を開拓した方法で、誰がやっても同じ成果を再現できますので、、、

あなたが新規開拓でお困りだったり、日常業務で忙しく新規開拓に手が回らなかったり、またあるいは事業拡大を考えているのなら、この集客モデルはきっとあなたのお役に立てるはずです…

新規開拓の圧倒的な実績

弊社では開業社労士の助成金コンサル受注から顧問契約獲得までをサポートしております。実際に、東京・神奈川だけで、歯科医院:134件・整骨院:58件・美容院:8件・介護事業者:209件・IT事業者:17件・建設事業者:119件=累計:545件もの関与先を開業社労士にご紹介してまいりました。

ここに挙げた実績が信じられない方は以下をご覧になってください。これは弊社が開拓した関与先からの「引き合いの束」と「契約書の束」です。これでもまだ信じられない方は無料進呈している「成功事例集」をご請求ください。“圧倒的な証拠”をお見せいたします。真偽はそちらでご判断ください。

(この集客モデルで開拓した関与先からの引き合いの束)
(この集客モデルで開拓した関与先の契約書の束)

開業社労士|集客モデル完全パッケージ

開業社労士|集客モデル完全パッケージ

大量に新規開拓できる理由

このように大量に新規開拓できる理由はシンプルです。弊社では安定的に関与先を新規開拓できる「集客モデル」を使っているからです。もちろん、この集客モデルは営業エリアを変えれば、そっくりそのままあなたにも転用できるものです。中には営業が苦手な方、あるいは、嫌いな方もいるでしょう。

そんな方でも心配無用です。なぜなら、この集客モデルの主役は“ツール”だからです。ツールですから小難しい理論や理屈は一切ナシ。対面による営業も必要ナシ。

ツールがあなたの代わりに集客してくれます。 そして、、、

そのツールをマネするだけで、誰でも大量集客を実現できて、ベルトコンベヤー方式で関与先を獲得できる!

あなたが手にするのは、そんな「集客モデル」です。

開業社労士|集客モデル完全パッケージ

従って、あなたがやることは1つだけ。その「集客モデル」を、今度はあなたの営業エリアで、あなたの事務所名で、使えばいいだけなのです。正直、この集客モデルを知ってしまえば、市販の開業本に書かれている新規開拓の方法がバカらしく思えるでしょう。それくらい強烈で再現性の高い方法です。

集客モデル5つのメリット

この集客モデルは「日常業務で忙しい」「今すぐ成果が欲しい」というあなたにはピッタリのシステムといえます。なぜなら、この集客モデルは時間を掛けて勉強しなくても、ゼロからツールを作らなくても、営業エリアを変えて、あなたの事務所名を入れるだけで、そっくりそのまま使えるシステムだからです。

加えて、この「集客モデル」を使うことで、あなたのビジネスには次の5つの変化が起こります。

1

営業のストレスから解放される

まず営業のストレスから解放されます。この集客モデルではツールがあなたの代わりに集客してくれます。レスポンス(「詳しく話を聞きたい」という反応)のあった確度の高い見込客だけを相手にしますので、営業が苦手な方、あるいは、嫌いな方でもストレスフリーで関与先の集客~受注までを完結できるでしょう。

2

新規開拓~受注までをシステム化できる

新規開拓~受注までの手順は決まっています。仕組みも全部揃っています。まずはこうやってアプローチリストを用意して、次にこのツールで集客して、最後にこのツールで受注する。このようにシステマチックな集客方法ですので、ひと度この仕組みが回り始めたら、あなたがいなくても自動的に新規開拓することが可能になります。

3

少ない投資で売上を最大化できる

この方法では一度に大量のハウスリストを獲得できます。従って、もしそのとき受注できなくても、その後ハウスリストにいつでも何度でもアプローチできます。フォローアップすることで受注につながったり、他の業務を受注できたりと売上アップのチャンスも広がるでしょう。つまり、この集客モデルでは少ない費用で売上を拡大できるのです。

4

ビジネスが安定する

この集客モデルを使ってハウスリストが増えればビジネスは安定します。ハウスリストがあれば、ゼロから新規開拓せずとも、フォローアップを行うだけで一定割合が必ず関与先になってくれるからです。そうなれば新規開拓の悩みもなくなり、実務スキルを磨いたり、別の業務領域に着手したり、新しいチャレンジにも積極的に投資できるでしょう。

5

関与先を選別できる

この集客モデルでは確度の高い見込客だけを相手にしていきます。具体的にはツールに書かれた業務内容や契約条件などを了解したうえで、レスポンスしてきた見込客です。従って、「その気もないのに無駄な時間を取られる」「報酬以上の業務を依頼される」「不当な値引きを要求される」など、嫌な関与先を事前に排除することが可能になります。